読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RADWIMPS「前前前世」の英語カバーがすごい理由

映画「君の名は。」でおなじみRADWIMPSの「前前前世」が渡辺レベッカさんという方に英語でカバーされていました。

www.youtube.com

 

これはすごい!

綺麗な歌声と美しいギターアレンジもそうですが僕は他に感心した点があります。

それは

「日本語をほぼそのままの意味で英訳しつつ韻を踏んでいる」

ということです。

古今東西、詩というものは韻を踏むのが決まりになっています。

西洋でももちろんですが東洋でも漢詩は韻を踏んでいます。

日本では音楽のラップのイメージしかありませんが、ビートルズもセックスピストルズも韻を踏んでいます。

というわけでこのカバーは完全な英訳詩になっているのです。

 

伝統的に韻を踏まない日本の詩は実は珍しいのです。

その理由は日本語の構造が芸術の限定性に対面した際に他の国とは違うルートを辿ったものですがその話はまたいつか。